/home/novita/novita-study.com/public_html/wp-content/themes/org/functions.php on line 883
https://novita-study.com/wp-content/uploads/2014/06/wakariyasui_eigo_gakushuuhouhou-150x150.jpg"> /home/novita/novita-study.com/public_html/wp-content/themes/org/functions.php on line 883
https://novita-study.com/wp-content/uploads/2014/06/wakariyasui_eigo_gakushuuhouhou-150x150.jpg">

分かりやすい英語学習方法

英語と一概に言っても学ぶべきことはたくさんあります。
文法や単語、リーディング、長文など学ぶ種類がたくさんある中どれから手を付けていいか悩んでいませんか。
ここでは、英語学習の順番、勉強方法などをご紹介します。

 分かりやすい英語学習方法

英語と聞くだけで憂鬱になる…そんな人はいませんか。
それはきっと、勉強をしても結果が出ないからではありませんか。
結果が出ないのは自分の才能のせいにしていませんか。
ほんの少し勉強の仕方を工夫するだけで英語がとても楽しくなりますよ。

英語を学ぶ順番は単語→文法→リーディング→長文

まず学ぶ順番です。
それは単語→文法→リーディング→長文という順番です。
順番と言っても、「単語」を見ながらその単語が使われている 「文法」問題を見、そしてその単語を「リーディング」しましょう。
これが英語の勉強の大まかな図式です。
次に個別に勉強方法を見ていきましょう。

単語の暗記は短時間で数をこなす

単語は覚えれないからと言ってひとつの単語に時間をかけないことです。
思い出せなければすぐに次に行きましょう。
そして、忘れた単語を覚えてもう一度、一からチャレンジしましょう。
これを全て(ぺージ数を決めてやりましょう)完璧にできるまでやりましょう。

文法は状況をイメージする

一つの単語でも前置詞によって意味が変わってくるのが厄介ですよね。
じゃあこれも「一つの単語」にしちゃえばいいんです。
また、文法問題はしっかりイメージしましょう。
頭の中に状況を思い出し、こういう場面でこう言うということを把握しましょう。

リーディングは声に出す

これはしっかりと声に出すというのがベストです。
自分の声が自分の耳に入ることで自然と覚えてしまうものなのです。
また、CDの音声に合わせて続けて読む「シャドーウィング」も効果的です。

長文読解は基礎が大切

今までのがしっかりできていれば、ここで「あれっ」っと変化に気づくはず。
長文がスラスラ読めるじゃありませんか。
ゆえに、しっかり基礎を頭に入れる事、これが大事です。

長文がある程度読めるようになったら、あとは多くの文章を読んで英語に慣れ、表現の幅を増やしていきましょう。

英語の勉強の効果的な順番
1、単語をノーミスで言えるくらい完璧にする
2、文法を覚える
3、声に出して英文をリーディングをする
4、長文を読む
 おすすめの勉強アプリはコチラ