元素周期表を「水平リーベ僕の船…」の語呂合わせに頼らず覚える方法

化学で元素周期表を覚える際、よく聞くのが「水平リーベ僕の船…」で始まる語呂合わせです。
「語呂合わせは覚えたけど、結局語呂合わせが何を表しているかいまいち思い浮かばない。」という方も多いのではないでしょうか。
そんな方の為に今回は違う暗記方法をご紹介します。元素の名前をそのまま覚えられます。

元素周期表を「水平リーベ僕の船…」の語呂合わせに頼らず覚える方法

私は高校を卒業して十数年経ちますが、「水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウム、ホウ素、炭素、…」この状態で、20番のカルシウムまで言うことが出来ます。

元素記号の語呂合わせに頼らない覚え方

やり方は簡単です。条件は好きな歌が1曲あること、それだけです。

もう、この時点でピンと来た方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大好きな歌というのは、何度か聞けば歌詞もメロディーも労せずして頭に入ってきます。

今回肝心なのはメロディーです。ちゃんとハミング出来ますか? 出来るなら大丈夫です。

 

では、お待たせしました。周期表を準備して下さい。

さあ、大好きな歌の歌詞を「水素、ヘリウム、リチウム…」に置き換えて歌ってみましょう!

小声で構いません。覚えなければいけない元素までを、リズミカルに口ずさみます。

ちなみに私は、小学生の頃大好きだったアニメの主題歌を使いました。

歌で覚えて語呂合わせの弱点をカバー

この方法の一番の利点は、語呂合わせの弱点をカバーできることです。

「語呂合わせ自体は思い出せるのに、一体何の事を説明しているのか、さっぱり分からない」という経験、覚えがありませんか?

歴史の年号を覚える際、似た悩みを抱えた方も少なくないと思います。

それなら、省略せずに暗記出来る方法を試してみましょう。

 

この方法は、化学に限らず様々な暗記に応用できると思います。思いついた方は、是非やってみて下さい。

嫌いなものや苦手なものも、好きな歌と一緒に楽しみながら覚えてしまいましょう。

ただし、時と場合は選びましょう。くれぐれも試験中に歌ったりしないで下さいね。

元素周期表は語呂合わせで覚えてもテストとかでなかなか使えないことがあります。
そんなときは、好きな歌に合わせて歌って覚えましょう。
この方法は様々な場面で応用できます。是非積極的に活用してみましょう。
 おすすめの勉強アプリはコチラ