中学生のための英単語プリントの活用方法

中学生になると新たに英語の授業が始まるようになります。そこで宿題として出される物の一つが英単語プリントなのです。 このプリントをうまく活用していくことでテストでいい点数を取れる可能性が上がるので、そのポイントを紹介します。

中学生のための英単語プリントの活用方法

英単語プリントは主に「書いて覚える」というためにあるのです。
耳で聞くだけでは覚えれないことも書くことで流れを覚えたり、脳に記憶させることができます。

このプリントはほとんどの学校は共通で三回程度は少なくとも書くようになっていると思います。
やはり一回だけでは綴りがあやふやで覚えてしまったり、間違った考えがそのまま記憶されてしまっていることがあります。
そのため何回も書くことで正しい綴りを脳に記憶させることができるのです。

 

ローマ字読みにした場合は、必ず毎回同じ読み方にすればミスを減らすこともできるのですが、途中で変わってしまうと分からなくなってしまうのでそこは注意しなくてはなりません。
それに加え、読み方とその意味はセットで覚えなければならないのでたとえで挙げるとするならば、「犬」と「dog」は一緒に覚えなければならないということです。

そのため書く時も日本語で意味を書くことと単語を書くことを同時にしないと、綴りが分かっていても意味は何だったのか分からなくなってしまうのです。

 

単語プリントは自分のやりやすい方法が分かってしまえば、高得点は狙えます。
そして多くの単語を習得できるのです。

単語を覚えるにはノートに書いたりこういったプリントを上手に活用することが最適だと思います。
難しい単語もたくさん書くことでミスを減らせるようになります。
こういった学習を続け、テストで高得点が出せるようしましょう。

英単語プリントのもう一つのポイントは読み上げながら書くという方法があります。
こういったやり方は、苦手な人もいて、綴りを見てローマ字読みに変えることで自己流で覚えた方がわかりやすくてミスも減るということもあるので、これは自分に合ったやり方を見つけだすことが大きなポイントとなってきます。
 おすすめの勉強アプリはコチラ