頭のいい人の英語勉強法

人によって勉強方法はそれぞれですが、参考としたいのは頭のいい人の英語勉強法です。
それは同じ時間勉強をしたとしても最も効率的な方法といえます。
テストなどで高得点をキープする頭のいい人の勉強の仕方、コツをご紹介します。

頭のいい人の英語勉強法

英単語と英文法を同時に学ぶと効率がいい

まず英語は歴史などのように暗記科目でもありますし、国語のような思考力を必要とする科目だと思います。
英単語を覚えるという暗記要素と文法を読み解き問題を解答していく思考力、そして英語を聞き取ることができるリスニング力に大きく分けられます。
普通、英語の勉強をするとき英単語を単語帳に書き写して暗記する方法がポピュラーですが、さてそれでは多くの人がつまづきやすい文法での課題で即戦力となるのでしょうか。

 

頭のいい人は、英単語と英文法を分けて勉強はしません。
つまり英文法の中に英単語があるイメージです。
単語にはそれぞれ使い方がありますし、熟語など複雑な用法もあります。
ですから常に単語は文法の中に組み込んで学習をしています。
そうすれば語彙だけでなく使い方も自然とマスターできますし一石二鳥になります。

 

決まった文法があるとリスニングの時にも、それに似た一文がありますと聞き取りやすいです。
私たち日本人が通常新しい言葉を知ったときにどんなときに使うものなのかを考えることと同じように、それは実践に近い方法なのです。

頭のいい人の英語勉強法として言えることは、常にバラバラに記憶せずに英単語も文法もリスニングもあるということです。
どれか一つが独立することは出来ませんし、すべてが使いこなせて初めて英語として使えるものです。
単語帳という別のノートを使用することより、同じノートの中に単語も文法も記しておけば理解しやすくなりますし記憶として定着しやすくなります。
 おすすめの勉強アプリはコチラ