中学1年生におすすめな英語の勉強の仕方

中学1年生になると、テストの方法も小学校とは異なり、定期テストと言うものが行われるようになります。
ここでは、中学生におすすめな英語の勉強方法、実際に行い高得点をたたき出した勉強の仕方をお話しします。

 中学1年生におすすめな英語の勉強の仕方

小学校の授業の中で、今は少しだけ英語にふれる親しむという授業がありますが、中学校でのお勉強ではそれとは違い
国語でも文法と言うものがあるように、英語にも文法と言うものがあり少し細かなお勉強になってきます。
どのように勉強をすれば、テストでいい点数が取れるかを順番に確認してみましょう。

 

英単語、熟語を覚えよう

まず初めに英語教科書単元の単語をすべて「読み、書き、その意味を完璧にしておくこと」また、英語には熟語と言う単語と単語の合わさりで
違う意味に変化するものがありますが、これはこれから先に英語を学んでいくにおいて大変重要になって来るのできちんと覚えましょう。
(必殺技として、必ずその単元に入る前に覚えておくことがポイント)

 

文法を覚えよう

次に、文法に関しての必殺技です。
実際の中学校での文法と言うお勉強じたい、実は難しい物ではありません。
はや技として言えるのは、まず固定されている定型文、(例として上げられている一文)を丸暗記です。
長い文章ではないので、英語のお勉強をスタートしたばかりの頃はこれで大丈夫、徐々に自分なりの方法も加わってきます。

 

声に出して教科書を読もう

英単語、熟語、文法をしっかりと頭に定着させるために、教科書を声に出して読みましょう。

その際に、いざ単語を目の前にすると言葉として出てくるまでに少し時間がかかるようであれば
教科書に、日本語訳や、読みを書いておいても全然かまいません。
(きちんと単語や、述語を覚える事をしていれば自然と日本語訳や読みを記入しなくてもいい日がきます。)

 

練習問題をやろう

最後は、学校のお勉強にそったドリル等で後はササッと練習問題を行いましょう。
練習問題を行う事により、覚えていたつもりのもので見落としていた点も見つかります。(見落としていた点は完璧に定着させることがポイント)

 

また、中学校で行われる定期テストについては、各学校の先生により出題されるテスト形式的な物に大きな差が出てきます。
それは、高得点をたたき出したいと頑張っている側からすると非常に大きな問題になります。

 

それを克服するには・・・
一に、授業中の先生の話を真面目に聞き逃すことなく聞くという事が大切、もしかするといきなりここの部分出すよと先生が言う可能性もあります。
二に、学校配布のドリル等は何回も見返す事が重要。

 

英語のお勉強は決して難しい勉強ではありません。
本文中に書きましたが「基本中の基本」をおさえて進めていけば必ず英語が好きになり高得点を出すことができます。

英語の勉強は以下の順番で進めるのがおすすめです。
①英単語・熟語を覚える
②文法を覚える
③教科書を読む
④練習問題を行う
 おすすめの勉強アプリはコチラ