洋楽で学ぶ英語の勉強法

好きな洋学を聴きながら、英語の勉強もできたら一石二鳥だと思いませんか。
英語の勉強は机の上だけが全てではありません。音楽を活用しながら、楽しく英語を勉強する方法をご紹介したいと思います。

 洋楽で学ぶ英語の勉強法

洋楽で英語を学ぶ時の曲の選び方

好きな洋楽を利用して勉強する前に、どんな曲がいいのかという疑問があると思います。

テレビで聴いた、映画で知った、友達の紹介で気に入ったなど、洋楽を好きになるきっかけは人それぞれだと思います。

そこで、できるだけ自分が気に入った洋楽をそのまま勉強に利用することが理想です。

ただし、スラングの多いラップ調のものや、歌詞の少ないクラシックなどは多少利用するのが難しいかもしれません。

 

歌詞は歌詞カードでしっかり確認

利用する曲が決まったら、必ず歌詞カードも一緒に準備します。

最初の内は、純粋に曲を楽しむために歌詞カードは読まなくても構いません。

曲調に慣れてきたら、正確にはどういうフレーズを歌っていたのかを1行ずつ歌詞カードで確認します。

正しい歌詞を確認したら、今度は歌詞カードを目で追いながら曲を聴いてみます。

すると、今までは何となく聞こえていた単語の断片や言い回しが、本当は何を言っていたのかが確認できるはずです。

一度だけでは全てのフレーズが頭に入ってこないと思いますので、この作業は何度か繰り返す必要があります。

 

単語、熟語、フレーズを調べて自分のモノにする

最後は、歌詞カードで目にした単語、フレーズの言い回しで分からないものをきちんと調べることです。

洋楽の中では単語が本来の意味合いで使われていないことも多々あるので、不明な英単語はきちんと本来の意味と、洋楽の中での意味を確認するようにしましょう。

そして、気に入ったフレーズがあれば暗記して、実際に口にだしてみたり英会話に応用するようにしてみましょう。

洋楽を使って勉強する方法のまとめは、以下の3点になります。
・できるだけ好きな曲を使うこと。ただし、ラップ調やクラシックは避ける。
・必ず歌詞カードで正しい歌詞を確認する。
・曲の中の単語とフレーズを調べて、自分で使えるようにする。
 おすすめの勉強アプリはコチラ