中学英語だけで終わらない、文法を意識した勉強方法

中学英語はまだまだやさしい、と思って、英文法を置き去りにして勉強しても、本当の意味での実力はつきません。
高校英語につながる英語の実力をつけるためには、どのようにしたらいいのか、考えて勉強する必要があります。

 中学英語だけで終わらない、文法を意識した勉強方法

なんとなく文を覚えるのではなく、文法をしっかりと理解する

現在の中学英語の教科書は、小学校英語導入の影響もあって、会話や文化的な背景に関係する物語などが盛り込まれていて、それなりに楽しめるような作り方になっています。
ただ、それが中学英語を勉強する時のつまづきにもなっています。
中学英語の後は高校英語です。そこから大学入試に繋がることを思えば、文法をきちんと理解して基礎を固めていくことが非常に重要です。

 

今の中学英語の教科書では、5文型から入るような文法の説明がないので文法が整理されないまま、単元ごとに暗記だけしていくと、頭の中が整理できません。

各単元ごとに出てきた新しい文法の例文は必ず、全部暗記してしまうことをお勧めします。

重要文法の例文を暗記していると、5文型を知らなくても、それが頭の中で文法の基礎として残って生きます。

 

そして、暗記した文の 言葉を置き換えて英作文を作ることもできます。

更に、その例文の文法的な解説を参考書などで確認しておけば、文法的な側面から勉強をすることができると思います。

 

文法が できていれば、会話はいつでも練習して上達することができます。
何より文法の基礎を固めることが本当の意味で、英語の実力をつけることに繋がると思います。

中学英語の勉強であっても、英文法の基礎を固めることは非常に重要です。
そのためには、各単元の新しい文法の例文は全部暗記します。
そして、その文法についても参考書などで、確認をしておきます。
英文法を理解して暗記することが、英語の実力をつける近道です。
 おすすめの勉強アプリはコチラ