中二のための数学学習方法

中学2年の数学でつまづく人はとても多いです。なかでも難しいのは「一次関数」です。
ここをいかにして克服するかが、中2の数学ではネックになります。高校受験でもとても重要になるので、しっかりと理解を深めておくことが大事です。

中二のための数学学習方法

「一次関数」につまづいてしまう原因は?

中学生二年生の数学で「一次関数」につまづいてしまう人がとても多いです。

ここでつまづいてしまう原因として、「代入」という考え方が理解できていないということが多くあります。

y=ax+bという公式が決まっていて、あとは問題の中からa,b,x,yのうちのどれか3つの値を見つけだします。

そしてその値を公式に代入すれば、残りの1つの値も求めることができます。

基本的に行われる作業はこれの繰り返します。

 

しかし、多くの生徒さんはこの「代入」という作業にとまどってしまうのです。

代入は理屈抜きで作業としてやってしまえば答えが出るのに、ここで下手にいろいろと考えてしまうのです。

言いかえると中2の段階ではまだ「公式に当てはめる」という作業にまだ慣れていない生徒さんがとても多いのです。

この一次関数を克服するためにはまず「代入」の作業を身につけることが重要です。

 

そのためには中1の「方程式」の内容を徹底的に練習することが効果的です。

この中で出てくる代入の問題をしっかりと身に付けてしまえば、関数はそれほど難しことではなくなります。

一次関数の問題を解けるようになるためには、まず「代入」の考え方を身につけることが重要です。
そのためには中1の「方程式」を復習することが効果的です。
 おすすめの勉強アプリはコチラ