決定版!世界史 参考書・問題集おすすめランキング

世界史の大学受験対策の参考書・問題集おすすめランキングです。 各参考書の内容やレビューなどの情報もまとめています。

決定版!世界史-参考書・問題集おすすめランキング

1位:改訂版 センター試験 世界史Bの点数が面白いほどとれる本

物語性を重視した内容で楽しみながら勉強することができます。

世界史の解釈書と言ったら3、4分冊でちょっと教科書を読む前の導入のつもりが全部を一周するのにかなりの時間がかかってしまうという事が多いですが、これは頁数は多いものの1冊に纏められておりセンター対策だけでなく国立入試も含めた世界史入試全般の初学・基礎固めに向いていると思います
センター世界史に必要な用語は約5,000!これをただ丸暗記するのはツラく苦しいですが、茂木先生の“物語性を重視した講義”であれば、楽しみながら面白いほど頭に入ります!
センター試験「世界史B」の出題内容を網羅。物語性を重視した講義を展開。豊富な地図・イラストや、生徒キャラとの対話形式で、最後まで楽しく読み進められる。

2位:センター試験 世界史B よく出る過去問トレーニング

センター試験の過去問から良問を集めた問題集です。解説もしっかりしているのでおすすめです。

良問ぞろいのセンター問題集。 ほとんどが四択の正誤問題なので、自分の抜けた知識が確認しやすい。 問題もさることながら、節ごとにあるまとめのページが充実している。
センター試験の過去問からえりすぐりの良問と、近年の出題傾向にのっとったオリジナルの問題を、分野別・設問形式別に配列。世界史が苦手な受験生にも理解できるよう、1問につきたっぷり解説を付し、実力アップ間違いなしの過去問題集。
駿台予備校の人気講師が出版した本です。 (私は彼の授業を受講しているのですが)茂木先生の授業は非常に分かりやすく、印象に残りやすいです。世界史が好きになります。 世界史を学ぶ受験生は必見だと思います。

3位:ヨコから見る世界史―試験で点がとれる

各時代の世界史全体を「ヨコ」で捉える参考書です。

世界史の模試の点数が取れずにいたのですが、この本でヨコの流れを把握することができました。本自体もとても見やすくわかりやすい構成だし、一緒に流れにあわせての地図帳もついているのでほんとに地図が苦手で、ヨコの流れがつかめなかった自分には最適な本でした!
書店で見かけて買おうかかなり迷ってます…内容は間違いなく役に立つと思いますので。夏期講習で体感済み。中国で何が起こったとき、ヨーロッパはどうだったかなどの問題が苦手なヒトにお勧め。
各国(地域)史ごとに捉える「タテの流れ」、世界史全体を時代(世紀)ごとに捉える「ヨコの流れ」のうち、歴史のウラが見えてくるヨコ軸を押さえる書。各講は、「時代概観」→「本文」→「ヨコの問題チェック」の流れで学習する構成。

4位:ゴロ合わせ朗読CD付 世界史まるごと年代暗記180

語呂合わせ+解説で楽しく世界史を勉強することができます。

声優さんがすごく良いです。ゴロを含む短文は感情を込めて読み、短い解説部分は、引き締まった感じで読みます。「朗読少女あらすじ世界史」や「美少女が教える日本史」を聞いてみましたが、この「ゴロ合わせ」の声優さんが一番聞きやすかったです。
170を超えるセット暗記(おまけゴロ)で、解説も充実!ゴロをインプットしたら、解説を読んで知識を定着させましょう。河合塾の実力派講師・平尾先生の丁寧な解説で、ゴロの出来事だけでなく周辺の知識も身につきます。
年号は世界史の勉強を深くやってると自然に流れとして 頭に入っては来る。下手に語呂を使うとエキセントリックな語呂の方 を覚えなくてはならなくて本末転倒。 声優アワード受賞の麗しの声でもって、息抜きの一環としての使用が最も 妥当な感じかな。

5位:センター試験のツボ世界史B

歴史的事件の関連性をわかりやすい解説で学ぶ事ができます。

忘れてしまった高校の世界史を復習する本が好評の祝田先生だが、後に書かれたこちらの本のほうがより完成度が高いのでよい。こちらなら新課程対応なので章立ても当然わかりやすくなっている。
センター試験のツボ世界史は1冊で通史を行うことが出来るため、「細かいところは覚えられないけど、本当に重要な部分だけメリハリをつけて通史を行う」ことが出来ます。
基礎から始めて高得点を目指す『センター試験のツボ』シリーズ。センター試験で問われる正誤問題に確実な知識をもって答えられます。歴史的事件の関連性がわかりやすく解説されています。
 おすすめの勉強アプリはコチラ